水素水を飲むと起きる頭痛について

水素水を飲むと起きる頭痛は好転反応

体の老化をすすめる原因に活性酸素があります。活性酸素は体内に存在してさまざまな有害物質から体をガードしてくれますが、量が増えてしまうと、一転して正常な細胞を攻撃してしまいます。

 

活性酸素は紫外線やストレスなどでも増えてしまうため、予防をしようとしても難しいといった面があります。そこで水素水などの活性酸素を除去する作用のあるものをこまめに補給しておくと、細胞の老化を防いで美容や健康にも役立つのではと期待されています。

 

水素水を飲んでいるとまれに頭痛や吹き出物、めまいなどの症状が現れることがあります。

 

水素水,頭痛

 

これは好転反応といって、体内の有害物質や毒素などの悪い部分を外へ排出しようとする働きで、副作用とは異なるものです。

 

好転反応が出るということは、水素水が体の役に立っていることを表していて、そのまま継続していると頭痛などの症状はやがて落ち着いてきます。

 

ただしあまりにも症状がひどく皮膚のかゆみなどが悪化した時には、一旦利用をやめてしばらく様子を見るようにしてください。

 

好転反応が終わるとその後は頭痛なども起こらなくなるので、安心して水素水を飲み続けられます。

 

水素水には体内細胞の劣化を抑えて自然治癒力を高めていく働きがあるのではと研究されているので、毎日続けて摂取していくことがお勧めです。

トップページへ戻る